使いやすいナビゲーション

ユーザーが迷わずに、目的の情報にたどりつけることが、良いナビゲーションの基本です。そのために注意すべき点は以下の3 点です:

 

  • メニューデザイン:メニューは、サイト訪問者にとって道しるべのようなものです。ホームページの全てのページに、そして同じ場所に設置すべきです。どんな瞬間もメニューがどこにあるか、すぐに分かるようにしましょう。

  • サイトツリー:ツリーはホームページの全体的な構成図で、各ページの従属関係を示しています。分かりやすいナビゲーションを目指すためには、この構成図での従属関係が理にかなったものでなくてはなりません。

  • コンテンツの階層構造:シンプルで分かりやすい構成であることも重要ですが、同時に目的に沿って、コンテンツが構成されている必要があります。例えばネットショップであれば、売りたい商品や目立たせたい新商品などを目立つ位置に持って来たり、ブログであれば、最新の投稿記事がトップに表示されるように配置されるように構造化してください。

 

優れたコンテンンツ

 

優れたホームページを作るためには、『質の高いコンテンツ=サイト訪問者が求めている情報』を提供する必要があります。

 

デザイン的に優れたホームページが良いことは疑いの余地はありませんが、それだけではいけません。コンテンツこそが、訪問者がホームページを閲覧する理由だからです。

 

ホームページ上のテキスト、画像、動画、音楽、説明書、ブログ記事など、それら全てがコンテンツです。ホームページのデザイン性ばかりを追求し、コンテンツ作成の手間を怠ったり、更新を全くしないようでは、いくらデザインが良くても訪問者は増えません。

 

 

モバイル対応

 

アドビが昨年9月に発表したAdobe Digital Indexによると、調査したブランドの顧客の50%以上がブランドのホームページにアクセスする際、モバイルを使っていたという結果がでています。「モバイルファースト」という時代の潮流に沿ったマーケティングを実現するという、今年5月のGoogle Performance Summitの発表でもお分かりいただけるように、多くの企業は「モバイルこそが未来である」と確信しています。

 

これらのことからも分かるようにに、オンライン上で確かな存在感を示すためには、モバイル対応のホームページを準備することが必須です。

 

Wixを利用すれば、数回のクリックだけでスマートフォン用に最適化されたホームページを作成することが可能です。詳細はこちらをご確認ください。

 

 

配色パターンの適用

Webデザインにとって、配色は欠かすことができない要素です。訪問ユーザーがホームページで最初に認識する一つが、ホームページで利用されている色です。

 

あなたが選ぶ配色パターンはホームページの雰囲気を作ります。したがって、色彩心理学やユーザビリティの原則など、様々な情報に基づいて配色パターンを決める必要があります。

 

 

効果的なフォント利用

 

Webデザインにとって重要な要素であるにもかかわらず、フォントについて、つい頭から抜け落ちてしまう事がしばしばです。デザイン性の観点から、フォント利用で注意すべきことはこちらの3 点です:

 

  • 2-3種類以上のフォントを使用することは控えましょう。フォントを統一することで、ホームページの見た目も統一感があるものになります。様々なフォントを使用したいという欲を抑えて、「フォントの種類限定ルール」を堅持しましょう。

  • テキストはサイト訪問者に読んでもらうことが何より優先です。フォントの大きさ、余白が訪問者に適切であるか細心の注意を払いましょう。

  • それぞれのフォントには特徴があります。そのフォントがあなたのブランドに合っているか、きちんと吟味しましょう。

 

美の追求

 

美しいデザインのホームページを作成したい方は、Wixエディタに備わったこれらの機能を是非お試しください。ただし、使いすぎは禁物です:

 

 

 

ユーザーの行動を喚起

 

CTAボタン(Call To Actionの略)はユーザー訪問者に取ってもらいたい行動を誘導する役目を担っています。具体的には「詳しくはこちら 」「音楽を聞く」「資料をダウンロード 」「予約する」などのボタンがこれにあたります。

 

ユーザーの行動を喚起する力があるCTAボタンを活用しない手はありません。

 

 

SEO対策の徹底

 

あなたのホームページが検索ランキングで上位に表示されるためには、SEO対策が必須です。

 

適切なキーワードを選定する方法は「作成したホームページをGoogle検索結果にきちんと表示させる方法」、SEO対策の基本は「検索エンジン上位に食い込む!1時間以内に設定可能な、5つのSEO対策」をご覧ください。

 

WixサイトのURLをまだ簡素化していない方は、簡素化し、SEOフレンドリーなURLにするのもお忘れなく!

 

またWixでは、最近ブログ記事毎のSEO設定ができるようになりました(下記画像)。やり方はこちらのサポートページをご覧ください。

 

 

 

ユーザーとのコミュニケーション

 

継続的にホームページに訪れてもらうためには、コミュニケーションを活発に行う必要があります。あなたの会社やチームの事を一人でも多くの人に知ってもらうために、コミュニケーション手段をフル活用しましょう。

 

使えるWixのツール/機能は以下の通りです:

 

 

 

シンプルさ

 

優れたデザイン性を実現するには、使い古された言い回しですが、「シンプルが一番」です。ひと昔前のオンライン掲示板のように、大量の文章と画像で埋め尽くされ、余白が十分に取られていないページでは息が詰まります。

 

データーの読込時間にもマイナスですし、何よりユーザーエクスペリエンスの観点から許容できません。

​オプション

また別途プラグインを設定することで、情報共有や議事録の音声入力機能を追加し、お客様から見ればECサイトであり、バックヤードは顧客管理から売上管理、受発注にスタッフの情報共有までも可能であるシステムを提供します。このパッケージのツールではお客様の希望機能の設定もまとめて対応します。

              

              (Wix社ウェブサイトを参考に作成)

​作成例とアーキテクチャー

           Wixアーキテクチャー

 

ECサイト、テレワーク導入のメリット、デメリット

1.ECサイト

ECサイトとは、ネットを通じモノやサービスを販売するサイトになります。導入のメリットとデメリットは主に以下のことがあげられます。

メリット

・日本全国が販売エリアになる。対応ができれば世界にも広げることができる。

・24時間、365日の稼働が可能

・店舗、人件費などの固定費が節約できる。

・サイト解析により販売の問題を分析しやすい

・在庫を抱えない仕組みができる

・3密をさけることができる

 

デメリット

・対人でのメリット(顧客サービス、接客)がいかせない。

・競争が激しい(価格競争、アピール)、広告などの変動費がかかる。

・顧客に不安感(商品、事業者)がある。

・配送料がかかる(単価の低い商品への影響が大きい)

 

ECサイトを通じた販売額は毎年右肩上がりで上昇しています。加えて、コロナの影響により3密への対策が必要となり、さらにECサイトのメリットは拡大しています。

2.テレワーク

 

テレワークとは、情報通信技術を使うことにより、通信環境と機器を備えることで、どこでも、いつでも、場所と時間にしばられない働き方のことです。

 

テレワークの持つ機能としては、

・画面共有、ファイル共有機能

・録音、録画機能

・チャット機能

・招待機能

 

などがあり、社内データの共有やWeb会議の実施などにより、社内で働く環境を、自宅でかなり実現できるようになります。

 

メリット

・リスク分散ができる

台風、地震による交通インフラのストップ、コロナ感染の拡大した際に、出社する必要なく働くことができます。

 

・人材の確保に優れている

従業員は、通勤時間の削減、住む場所を自由に選べる、育児・家事・介護と仕事を両立できる、などのメリットがあり、従業員が選べる選択肢を増やすことで企業は優秀な人材を確保しやすくなります。

 

課題としては、時間管理を従業員自ら行うため、企業と従業員、従業員間の信頼関係構築が必要になります。関連して、勤怠管理が複雑になる、人事評価が実績重視になる、情報通信技術の管理が必要になる、といったことがあげられます。

 

課題もいろいろありますが、総務省が発表した統計によると、テレワーク導入企業の一人当たりの労働生産性が599万円から957万円に上昇しており、導入によるメリットは大きいことがわかります。

アーキテクチャー.png
サンプル.png